2008年11月04日

日本初REIT破綻の引き金をひいたのは中央三井信託銀行

先週号(11月4日号)の週刊エコノミストに記事が出ていました。

45億円の資金繰りがつかず日本初のREIT破綻となったニューシティーレジデンス。
そのきっかけとなった案件を見てみましょう。

 ■借入残高 45億円
 ■返済日 平成20年10月17日
 ■借入先 中央三井信託銀行、三井住友信託銀行、あおぞら銀行、千葉銀行

記事のとおり、リファイナンス(借り換え)に応じなかったのは中央三井信託銀行だけだったそうです。

恐ろしいことに、中央三井信託銀行はたくさんのREITに融資しています。
まあ、この投資法人はかなりの問題児だったので、一概に中央三井信託銀行を責めるのは気の毒ですが。

しかし、今後、中央三井信託銀行がらみのリファイナンスには要注意ですね。
posted by ケンタツ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | REIT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22409615

この記事へのトラックバック