2008年12月09日

REITの危機は依然として存在

「政府系金融機関がREITへの融資を検討」というニュースに反応して今日の相場は大きく反発しました。
高額のリファイナンスを間近に控えた銘柄や決算発表の遅れている銘柄まで騰がっています。

REIT関連の掲示板を見ていると総楽観とも言える状況で、買い煽る投稿が多々、見受けられます。

しかし、本当に楽観でいいのでしょうか?
もし本当に融資がつくのであれば破綻の危機はなくなります。

しかし「資金繰りによる破綻がなくなるかも」というだけで、危機が去ったわけではありません。
不動産価格が下がり続けているからです。
その危険性については以前、書きました。

こういう時こそ、REITはまだ大きな爆弾を抱えているという認識を持って、慎重に銘柄選びをしたいものです。
買える銘柄はそんなに多いとは思いません
posted by ケンタツ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | REIT

J−REIT祭り開催中

さきほど書きましたように、政府系金融機関によるJ−REITへの融資がよっぽど好感されたのかJ−REIT祭りが開催されています。 あちらこちらでストップ高の銘柄が。
 
今日は撤退の予定だったのですが、これは利確したほうがトクだろうと30万円ほど利益確定しました。
おかげですべての銘柄で利益が出ました。
 
決算発表が遅れてるリプラスの決算提出期限が12日(金)ですが、余裕を持って迎えられそうです(笑)
posted by ケンタツ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | REIT

政府系金融機関がJ-REITに融資を検討

ビッグニュースがキタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!
http://www3.nhk.or.jp/news/t10015877891000.html
今年は上場企業の倒産件数が「戦後最大」を更新中。
そのほとんどが不動産関連です。
担保価値の下落により、銀行から借り換え融資を拒まれて、黒字倒産するところも少なくありません。
そこで政府系金融機関の融資が望まれるところなんですが、小泉政権下ですべて民営化してしまいました。
頼みの綱の日本政策投資銀行も今年の10月に民営化。
ニューシティーレジデンスに続くJ−REIT2社目の破綻も秒読みまじかと思われていました。


しかし、J−REITはどこも黒字です。J−REIT各社が保有する不動産価格こそ暴落していますが、資金繰りさえなんとかなれば潰れることはありません。

今日はJ−REITが絶好調ですが、このニュースの影響かもしれません。
というわけで、10万円ほど利益確定して今日は撤退。
posted by ケンタツ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | REIT