2008年11月09日

同情するなら融資くれ by GM

「政府の支援がなければ『延命』できない」と公に発表するほどGMが追い詰められています。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081109AT1D0801Z08112008.html
 

S&Pによれば、GMの格付けはすでにCCC+まで下がっています。
投資適格をはるかに下回り投機(ばくち)の水準です。
ジャンクボンドの扱いを受けているので、新たに社債を発行することもままなりません。

CCC+の会社に融資を行う奇特な銀行もいませんから、銀行融資も絶望的です。
もう公的融資に頼るしか残された道はありません。
要するにGMを生かすも殺すも米政府しだい。

しかし、GMを生かしたとしても赤字を垂れ流し
さらなる融資を求められる可能性が高く悩ましいところです。

今のGMが技術的な優位にたっている分野はあるのでしょうか?
まったく思いつきません。

低燃費車を開発できなかった時点でGMはつんでいたのかもしれません。
 
基本的にアメリカは市場のことは市場に任せ、政府が介入しない国ですが、オバマ新大統領はどういう決断を下すのでしょうか。
posted by ケンタツ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

面の皮が厚い

日経REITフェアなるものが開催されるそうです
http://www.nikkei-3f.jp/index.html
 
投資口価格がそんなに落ちてないところだけかと思って出展企業一覧をみたら・・・
http://www.nikkei-3f.jp/exhibition/index.html
 
投資口価格が10分の1になっているところもチラホラ。
 
投資主の不満が爆発しないことを祈ります(笑)
posted by ケンタツ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | REIT